ニュースから感じたことを思うがままに綴ります

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田優が小栗旬との交際をなぜ隠したがらないのか


“大型カップル”として注目の山田優(23)と小栗旬(25)。発覚後、双方がアッサリと交際を認めたが、私生活については隠したがるタレントが多いだけに、意外な展開といっていい。  もちろん、これには理由がある。山田は過去に伊藤英明と交際した際は所属事務所の幹部からNGを出され、すぐに別れるようにいわれたのは有名な話である。今回も山田は“大目玉か”とビクビクしていたという。ところが、伊藤の時とは幹部の態度が一変し、「小栗はいい」と交際にOKが出たのだ。この豹変に山田は驚いたようだ。  相手の小栗はクリーンで今をときめく“旬”の男。イメージがアップしてさわやかな話題としてメディアが追いかけてくれる。モデル、女優、タレントとして鳴かず飛ばず状態だった山田にとってまたとない追い風だ。  事務所のお墨付きをもらったことで山田は堂々とコメントできるわけだが、問題はこの関係がいつまで続くかだろう。 引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト

写真誌が熱愛現場をマークしているモー娘。メンバーとは?


このところ、男性スキャンダルも出なくなった新旧モーニング娘。のメンバーたちだが、現在、写真誌がマークしているのが元モー娘。の保田圭と現役メンバーの田中れいなだとか。保田は年内結婚の可能性もあるというのだが、それぞれのお相手はいったい誰なのだろうか?  ここ数年は小栗旬との交際発覚で矢口がモー娘。脱退、加護亜依が年上男性との旅行で二度目の喫煙が発覚し芸能界引退、辻希美が杉浦太陽とデキ婚、藤本美貴が「品川庄治」の庄治智春との交際発覚でモー娘。脱退と、新旧モー娘。メンバー“男性スキャンダルのデパート”状態だったが、最近はモー娘。の人気下降もあって注目度はいまいち。   しかし、保田と田中が要注意だという。  「保田のお相手はマイケル富岡。ディズニーランドや都内で手をつないでデートしているところが目撃されています」(芸能プロ関係者)  保田と富岡の年の差は実に21歳だが、意気投合したようだ。  「2人はおととし3月に上演された舞台『夏ノ夜ノ夢』で共演。当時、保田は舞台中心にシフトしていたので、将来の方向性について富岡に相談しているうちに交際に発展したようです」(同)  イケメンでモテモテのはずの富岡だが、これまで芸能人との浮いた話といえば、一度目の結婚をする前の三原じゅん子との熱愛を報じられたぐらい。保田とは真剣交際のようだ。  「保田との交際は昨年秋ぐらいからうわさになっていたが、保田の注目度が低いため、写真誌に狙われなかった。最近、写真誌・週刊誌ともにネタ枯れ気味なのでそろそろ狙われそう。マイケルもいい年なので、このまま年内にゴールインの可能性もあり得る」(週刊誌記者)  一方、現役メンバーの田中がうわさになっているのは人気ユニット「w-inds.」の千葉涼平だという。  「どうやら、千葉と同じユニットで松浦亜弥と交際する橘慶太がキューピッドとなった模様。このカップルも昨年秋ごろからディズニーランドやドライブデートなどの目撃談がネット上にあふれています。千葉の方は若い女性ファンが多いので、田中に対する誹謗中傷などの書き込みもあふれています」(音楽関係者)  保田よりも、田中の方が写真誌のターゲットになりそうだが、果たしてどうなるか。                                                               引用;ライブドアニュース 続きを読む

橋下氏、オレもホームレス中学生…個人演説会で告白


大阪府知事選(27日投開票)に立候補しているタレントで弁護士の橋下徹氏(38)が13日、大阪・西成区で行われた選挙戦初となる個人演説会で、プチ“ホームレス中学生”体験を告白した。家出少年に声をかけてくれたという大阪の人情に訴えかけたかと思えば「みなさんの1票はバズーカ、マシンガンと同じ。トップの顔をすげ替えられる!」と過激にお願い。「アドレナリン全開」の“橋下節”を響かせた。  人気漫才コンビ「麒麟」の田村裕のベストセラー「ホームレス中学生」を意識したかのようなカミングアウトだった。自らの生い立ちを語るなかで飛び出した人情話。15歳の徹少年は再婚した母親とモメて家出し、公園で寝たことがあったという。  「家出して公園で寝ていた時に助けてくれたのが地域のお兄さん、お姉さん。オトンとオカンのところにどなり込んでくれて、子どもが公園で寝てるなんてことは避けなければならないって」14歳の時からそば屋でアルバイトをさせてもらい7万円を稼いでいたことも明かし、大阪の人情のよさをアピールした。  前自民党府連会長の柳本卓治衆院議員の事務所での個人演説会。ボクシングの亀田3兄弟が育ったことでも知られる西成区内の会場は、用意した550席を大きく超える約900人の聴衆であふれかえった。「こんなに温かく迎えてもらったの初めて。ホッとする」と語りかけた。小6から思春期を過ごした新大阪と重ね「ハート、熱気が同じ。ジーンときました」とホオを上気させた。  赤字まみれで、北海道の夕張市のような財政再建団体転落寸前とまでいわれる大阪。「自分を育ててくれた大阪が倒れるなんて我慢ならない」雪が降りそうな寒さに反比例して橋下氏の発言はヒートアップ。「主役はみなさん。軍事力で政権維持している国と違い、日本では、みなさんの1票でトップが入れ替わるんです! みなさんの1票が戦車やバズーカ、マシンガンと同じ威力でトップの顔をすげ替えるんです!」と問題発言ともとられかねない過激な演説後、握手を求める人だかりに包まれた。  圧倒的な集客力への手応えを問われても「パンダかエリマキトカゲみたいなもん。物珍しさできていただいている感じもある。信頼していただけるかはこれから」と自虐的に答え、「写メール撮られて、サッと退いていく姿も。演説力磨かないと」と謙虚に状況分析してみせた。  ◆ホームレス中学生 お笑いコンビ「麒麟(きりん)」のツッコミ担当、田村裕の自伝的エッセー。幼くして母を亡くし中学生の時には父が病気に倒れた。治療費がかさんだことから借金生活に突入し、あげく家は差し押さえ。そして父による唐突な「家族解散」宣言。住む家をなくした田村少年はひとりぼっちで公園で生活し、ダンボール紙を食べ飢えをしのぐ羽目に…などなどリアルな極貧生活が話題となり、昨年9月の発売以来180万部以上を売り上げている大ベストセラーとなった。  ◆大阪府知事選立候補者 梅田章二(57)無新 橋下 徹(38)無新 熊谷貞俊(63)無新 杉浦清一(59)無新 高橋正明(65)無新 (届け出順) (引用:ライブドアニュース

吉野家、「テラ豚丼」悪ふざけアルバイト店員を処分


吉野家の店舗内で豚丼を悪用した動画がアップされ、インターネット上で騒動になっていた問題で、吉野家はこの動画を撮影した者と豚丼を悪用した者をともに西日本地域にある同社店舗アルバイト店員と特定し、処分を決定したことを明らかにした。 この問題は、「メガ牛丼に対抗して、テラ豚丼をやってみた」と題した動画が動画共有サイト「ニコニコ動画」にアップされたのがきっかけ。吉野家の制服を着たスタッフが豚丼の具をこぼれ落ちるほど大量に盛りつけるという内容だったため、「不衛生」「もったいない」などといった批判の声がネット上で上がっていた。吉野家にも苦情の問い合わせがあり、同社は「お詫び」をホームページに掲載し、この動画に関与したスタッフを「厳正に処分をする」と発表していた。同社広報はJ-CASTニュースに対し、「店員から事情を聞いており、すでに処分も決まっている。処分の内容については公表していない」と話している。                 (引用:ライブドアニュース)                                                                             ニコニコ動画は面白いですけど、度が過ぎてますね。         

KAT-TUNの赤西仁、芸能活動再開へ


昨年10月から芸能活動を休止していたジャニーズ事務所の人気グループ、KAT-TUN赤西仁(22)が19日、語学留学先の米ロサンゼルスから全日空便で帰国した。予定では語学留学の期間は半年で、今後、芸能活動を再開する可能性が高い。

 赤西は昨年10月、芸能活動を休止し、海外に語学留学することを突然発表。その後、米ロサンゼルスへ旅立ち、現地の語学学校に入学した。渡米前の会見で、留学の期間は半年で、復帰時期は未定としていたが、事務所では「引退や解散ではない」とコメントしていた。

 赤西休業の間、KAT-TUNは5人で活動。偶然にもこの日は、5人での初アルバム「cartoon KAT-TUN II You」の発売日だった。 

帰ってきたから再開???そんなにうまくいくもんですかね?

(引用:ライブドアニュース

YUI、オリコン初1位


シンガー・ソングライターのYUI(20)が、内山理名(25)主演のテレビ朝日系新ドラマ「生徒諸君!」(金曜・後9時、20日スタート)の主題歌を歌うことが9日、分かった。

 YUIが歌うのは、ドラマのために書き下ろした新曲「My Generation」。歌手を志して地元・福岡の高校を中退したYUIが、学園ものの名作ドラマに携わるのは不思議な縁だが、「音楽の道を目指して学校を辞めた時のことが最初に浮かんできました。もう覚悟さえすれば、誰のせいにもできない。初めから自由だって気づいた瞬間でもあります」との思いを曲に込めた。

 ドラマ主題歌は、フジ「不機嫌なジーン」に提供したデビュー曲「feel my soul」以来2曲目。同曲は映画「サイドカーに犬」の主題歌「Understand」とのカップリングでシングル発売される。

 また「Rolling Star」「CHE.R.RY」などヒットシングルを収録したセカンドアルバム「CAN’T BUY MY LOVE」が、オリコンチャートで自身初の1位を獲得した。レコード会社によると、すでに約60万枚を出荷しており、2位に16万枚の大差をつけて首位に輝いた。

 

YUIの歌は大好きです。

 

(引用:ライブドアニュース

絢香の掲示板「炎上」閉鎖 ミキティーとのコラボがアダ


 シンガーソングライターの絢香さん(18)のホームページにあるBBS(掲示板)が炎上し、2007年3月26日の午後12時頃に閉鎖された。きっかけになったのは、07年3月25日にフジテレビ系で放送された世界フィギュアスケートのエキシビション。絢香さんが登場し、その歌にあわせて、金メダルに輝いた安藤美姫選手が演技したのだ。

サプライズゲストとして絢香さんが紹介される

   07年3月25日の東京体育館。館内にこんなアナウンスが流れた。

「涙の逆転優勝から一夜明け、ミキティースマイルが戻ってきました。今日は特別に安藤さんと同じ生年月日で親友の絢香さんに、この会場で『I believe』を歌っていただきます」

   サプライズゲストとして絢香さんが紹介された。「I believe」は絢香さんが作詞作曲した曲。絢香さんの歌に合わせ安藤さんが演技をする、という演出だ。実は、2006年のスケートアメリカのエキシビションでも安藤選手は英語版の「I believe」をバックに演技を披露している。
   歌と演技が終わり親友の2人は談笑。そしてアンコール。絢香さんの歌うヒット曲「三日月」で安藤選手が演技をした。

   ただ、この放送を見て「違和感」を感じた人もいたようだ。
   絢香さんのホームページにはBBSが設けられていて、ファンは感想などをカキコめるようになっている。番組放送後、最初のうちは「エキシビジョンの生演奏とても良かったです!!まだ感動が冷めません(^^;)」といった感激のメッセージが並んだが、やがて、

「二曲目の『三日月』はあきらかにやりすぎです、興醒めしました」
「単なる絢香の売出しにしかみえなかったってことでしょ」
「テレビを見ていてドン引きしました。本来脇役のはずの絢香さんが主役になってしまっていて、それでフィギュアファンが怒ってるんですよ」
「安藤選手が可哀相でした。それから、伝統ある国際大会なのに普段着だったのもどうかと思いました」

「主役などとは」と所属事務所は困惑

   さらに、こうした批判への反論が始まり、収拾が付かなくなる。

「批判してるあなた達、どうせ2ちゃんねるか、朝までから騒ぎの住人でしょ、場違いですよ消えて下さい」
「いい加減にしろ公式サイトやぞここは、それと他のアンチ共もいい加減にしろ」

   BBSの 07年03月26日 11:58の投稿にはこう書かれている。

「安藤選手が優勝した時点でI believe生歌の可能性はあると思っていたのでそこは問題が無いのですが、もう少しほかの部分で空気を読むべきでしたね。長すぎるアンコール、世界規模で放送される可能性があるのに普段着のような衣装。フィギュアファンにとってとても大切な大会ですので、もう少し気を使っていただきたかったです」

   このカキコミを最後に、
   「下記BBSへの参加についての注意事項をお守り頂けないようですので、BBSを一時閉鎖させて頂きます。ご了承下さい」と表示され、BBSは閉鎖された。
   絢香さんの所属事務所の研音はJ-CASTニュースの取材に答え、BBS閉鎖の理由を、

「ファン同士の誹謗中傷があったため、規約に反するということで一時的に閉鎖しました。再開については頃合を見計らって検討します」

と話した。絢香さんの今回の出演については、前もって決まっていたわけではなく、「優勝が決まらなければ出られなかったのでは」としている。「主役がどちらかわからなかった」とするネット上の意見についても、

「友達である美姫ちゃんと話して決めたことで、主役などということは考えもしていません、というか、もともとありえないのですが…」

と困惑気味に答えた。

絢香がかわいそうです。好意で歌ったと思うので。

 

(引用:ライブドアニュース

飯島直子の春ドラマ出演が急に決まった事情


“水揚げ”したホストと近々、再婚するとみられていた飯島直子(39)。だが、入籍したとの情報は現在に至るまでなく、「結婚は延期になった」との見方が浮上している。

 飯島が再婚しようとしているのは、オンリー優という13歳下の歌舞伎町の元ナンバーワンホスト。2人は互いを双方の両親に紹介済みなのだが、暗雲である。

 最近の飯島は私生活だけでなく、仕事も不調だった。レギュラー番組は「明石家さんちゃんねる」(TBS)1本。これは低視聴率が続き、さらにスケジュールもスカスカだった。結婚に向けて準備するために仕事量を減らしていたともみられていたのだが……。

「飯島が当初予定されていなかった春のドラマに出演することが急きょ決まりました。TBSの『冗談じゃない!』という連ドラで、織田裕二上野樹里のダブル主演で注目されています。何より、このドラマは、キムタク主演で今期最も話題だった『華麗なる一族』の後番組。『冗談じゃ』の視聴率が『華麗なる』よりも下がる可能性はあるけど、大幅なダウンは考えられない。彼女は本気で“仕事”を選んだのでしょう。飯島は重要な役柄で出演するため、しばらく結婚どころじゃないと思います」(テレビ局関係者)

 このドラマがヒットすれば飯島にとっても大きなプラス。ここは我慢して仕事に打ち込むしかない。

 

そういえば最近見ませんね。ドラマ期待大です。

 

(引用:ライブドアニュース

「年内に15社とCM契約」といわれる宮崎あおいの勢い


CM界に新女王が誕生――。女優の宮崎あおい(21)が企業からモテモテだという。

 テレビ関係者が言う。

「昨年秋ごろから、彼女をCMに起用したいという企業が急増しました。現在契約を結んでいるのはNTTドコモやアメリカンファミリー生命保険、ゼファーマ、ユニクロなど実に10社にのぼります」

 しかも、このほかに数社が宮崎サイドとCM出演を交渉中とか。そのため、「年内に15社までいく」という見方まで出ているほど。

「当然ながら契約金もうなぎ上りで、昨年まで1社あたり2000万~2500万円だったのが、いまは4000万~5000万円にアップしたとか。CMだけで年に4、5億円を稼ぎ出すビッグアイドルに成長したわけです」(前出のテレビ関係者)

 宮崎は4歳のころから子役として活躍。05年の映画「NANA」に出演して人気が急上昇した。

 昨年、続編の「NANA2―ナナ―」が製作された際、宮崎は出演依頼を受けながら、濡れ場が多いことを理由にこれを拒否。NHK朝の連続ドラマ「純情きらり」への出演を優先した。

 ベテラン芸能マネジャーが言う。

「『NANA2』を蹴ったのは宮崎のわがままでしたが、結果的にはこれがよかった。清純なイメージを維持できたため好感度がアップし、CM界から注目されるようになったからです」

 ピンチだったのは昨年7月、俳優の高岡蒼甫(25)との“同棲愛”を写真誌に報じられたことだろう。高岡は東京・世田谷にある宮崎のマンションから仕事場に通い、宮崎所有のワゴン車を乗り回していたという。

「すぐに高岡と別れたことで、大したイメージダウンを受けずにすみました。宮崎は来年のNHK大河ドラマで主演することも決まっているし、女優としてますますスポットが当たる。順風満帆そのものです」(前出のマネジャー)

 07年は宮崎には当たり年だ。

 

個人的には、NANA2に出て欲しかったです。

 

(引用:ライブドアニュース

飯島愛がAV時代から培った豊富な人脈


飯島愛(34)の“電撃引退宣言”が波紋を広げている。

 先週末、飯島の所属事務所が「体調不良」を理由に3月いっぱいで芸能界を引退すると発表した。

 飯島はAV女優からバラエティー番組に進出。“Tバックの女王”として人気に火が付き、“バラエティーの女王”にのし上がった。00年に発売したエッセー「プラトニック・セックス」は170万部の大ベストセラーになり、活躍の場をさらに拡大。現在は「サンデージャポン」(TBS)、「ウチくる!?」(フジテレビ)など、4本のレギュラー番組を抱えている。

 そんな売れっ子がすっぱり仕事をやめる。食いブチがなくなるのだから思い切った決断だ。

 だが、飯島は仕事をやめても、何の心配もないという。

「彼女の人脈の広さはハンパじゃないですからね。それこそ“裏社会から政財界まで”という感じで、仕事をやめても彼女に手を貸してくれる協力者がたくさんいるのです」(マスコミ関係者)

 たしかに、飯島は顔が広い。芸能界では志村けん加賀まりこ大竹まことといった“大物”に可愛がられていて、芸能界の陰の仕切り屋といわれるモト冬樹ともツーカーの仲で知られている。とんねるずの木梨憲武とも親しい。

「彼女は気くばりが行き届いている。まずスタッフへの差し入れは欠かさない。タレントが困っているといえば親身になって相談に乗り、失恋したとなれば自宅に招いて食事をごちそうする。情に厚い姉御肌タイプだから、大御所からは可愛がられるし、後輩からも慕われるのです」(芸能記者)

 芸能界以外にも顔が利く。都内の繁華街で番組のロケが行われた時、ストリートギャング風の若者からこわもての人物まで何人も飯島にあいさつにきて、現場が混乱しないように目を光らせていたことがあったという。

 その一方で、あるパーティー会場で政財界の大物たちに囲まれた飯島が、「経団連の会長さんは元気ですか」などと日本経済の話題に花を咲かせる姿も目撃されている。

 3年前、飯島が外国特派員協会に招かれて講演した際、小泉前総理が厚生大臣時代に一緒に食事をしたエピソードを披露した。

「これまで彼女が交際をウワサされた男性も、イケメン青年実業家、ゲームソフト会社の経営者、ヘアメークアーティスト、IT関係者といった自分で仕事をして稼いでいる相手ばかり。苦労してきただけに、チャラチャラした連中には目もくれないのです」(芸能記者)

 これだけ豊富な人脈があれば、芸能界をやめても問題ない。悠々自適の生活が待っている?

 

 

意外ですね。

(引用:ライブドアニュース

Copyright © ニュースから思うこと All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。